【Exness:初心者向け】FX兼業トレーダーの年収 脱サラできる目安年収

Trade

FXトレーダーはいきなり専業になれるわけではありません。専業になるためには数年かかると言われています。そこで、兼業トレーダーの年収はいくらなのでしょうか?専業トレーダーになるためには年収はいくら必要なのでしょうか?

FX専業トレーダーとは?

FX専業トレーダーとは、FXの収入をメイン人しているトレーダーです。時間がいくらでも余っているため、すべての時間をFXに使うことができます。それがゆえに生活リズムが壊れてしまうトレーダーも多く、不健康に人も多いです。しかしトレードの時間は欧州時間からニューヨーク市場までにしていることが多く、この時間が最も値動きが大きいため、この時間帯に集中的にトレードをしている方がほとんどでしょう。

FX兼業トレーダーとは?

FX兼業トレーダーとは初心者を筆頭にこれからFX専業トレーダーを目指している方を指します。大半の場合は会社員や、他の仕事を掛け持ちしながらトレードをする方になるため、時間があまりないというのが問題です。そのためこれらのトレーダーはチャートを見ている時間があまりないので、予約注文などをしてトレードしているケースが多いです。職業によってはチャートを見る時間もないので、やり方を工夫しなければなりません。

FX兼業トレーダーの年収

FX兼業トレーダーの年収は0円~300万円くらいが普通です。勿論初年度はプラスになることはまずありません。ほとんどのトレーダーは最初にいきなりお金をたくさん使って大損しているはずですから、そんなに簡単にプラスにならないでしょう。数年後にまともに生活できるお金が稼げるようになるというレベルが限界でしょう。そのため兼業トレーダーでまともにお金を稼げるレベルになるにはそもそも1年以上はかかると思います。

FX専業トレーダーになるための目安年収

FX専業トレーダーになるための目安年収としては今サラリーマンとして稼いでいる年収に届くかどうかが一つのポイントになります。そしてそれを達成するためには以下の条件も同時に達成していることが条件になります。FX専業トレーダーになるための条件とは意外とシビアです。ずっと勝ち続けなければなりません。

年間トータルプラス

まず専業トレーダーになるためには年間トータルプラスが絶対条件です。この点をクリアできないと、生計を立てることができません。そして年間トータルプラスを出すということは最低でも1年以上はトレードをして証明しなければならないでしょう。トレードは調子のいい時期もあれば、勝てない時期も必ず訪れます。総合して勝っているかどうかが一番大事です。

2年以上年間トータルプラス

専業トレーダーになるためにはずっと勝っていかなければなりません。2年以上年間トータルプラスというのはとても重要な要素です。連続してずっと勝ち続けていなければ、専業トレーダーになることができないからです。2年連続でトータルプラスを出すレベルになれば、確実に専業トレーダーになることができると思います。

脱サラは簡単ではない

FX専業トレーダーになりたいからすぐに会社員をやめてしまい方はとても多いです。しかし現実はそれほど甘くはありません。会社員というのは実はとても恵まれています。無能でもお金が安定して入ってくるからです。しかしトレーダーはそうもいきません。年収はとても不安定ですし、自分次第ではマイナスになることもあるからです。専業トレーダーというのは決して、楽ではないということは知っておくべきです。

Exnessはスキャルピング向け

Exnessはスキャルピング向けです。それはスプレッドが極めて狭いからです。そのため、スキャルピングがいい方はぜひExnessで登録をしてトレードをしてみましょう。口座開設は無料ですので、以下の記事を参考に開設をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました